MISSI'S BLOG

のんびりやってます。

ココハナ12~2月号「王妃マルゴ」 37~39章

Cocohana(ココハナ) 2020年 02 月号 [雑誌]

Cocohana(ココハナ) 2020年 02 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/12/28

のーーーんびりし過ぎて、気が付いたら3ヶ月お休み状態になってました(゜□゜)。゜ 

いけない!!目を覚ませ~!!と、頬をビタビタ叩いてます。

単行本が25日に出てしまいますので、そっちのタグも貼っておこう。

王妃マルゴ 8 (愛蔵版コミックス)

年末~1月も忙しくしている間にマルゴも最終回を迎えてしまい、ポーの再開も発表されず、すっかり気が抜け、だらけきっています。ちょっと暖かい冬だったし、もうすこしアクティブに生きねば!と思う。。。うん、思っている。

そんなわけ?でマルゴもついに最終回(。>д<)。
ラストはどういう風に迎えるのかしらと思っていたのですが、クールにまとめちゃいましたよね。
やっぱり、恋人アンリが好きか。自分の一番幸せな時代だったろうしね。
ナヴァルの王とは復縁してハッピーエンドですか?と思ってたけど、最終的に愛想は尽きてましたか(^^;
女は遊びで、愛するのは理想の国なのでしょうか。それは良いですが、女の人を幸せにしてあげることなんて考えてない男だものね~。
とうとう誰も味方はいなということですか・・・まあ、一番やりたいことやって生き抜いたんじゃない?うむ~。


終わってみますと、やっぱ、「女の一生」って感じでした。恋愛体質衣食住困らない王族の娘~と思ったけど、血生臭い時代背景、母親きついし、兄弟は変わっているし、結婚は政治だし、政変などで立場が逆転することもあるし、ハード過ぎた・・・
でも、マルゴ、最後まで周りに誰かしらいるし、晩年まで少年はべらしていて楽しそうですな。サパンとも再会できたし、なんだかんだ言っても、引くときは引き、女の色香も利用して、賢く計算して上手く立ち回れた。遺産出せ~と大声だしたら疎まれたかもしれないし。浮気症の王を黙認できたのが彼女の賢さだったかも。あるいは、芸術など趣味教養が彼女の余裕の要因かも。

一方、マルゴに冷たかった義妹カトリンはイケメンとイチャイチャ、破談になったが年下ハンサムと結婚して、なんだよ、無罪放免かよと思っていたら、なんということでしょう。自分がマルゴと同じような立場になるという絶妙な配置に!と感心してしまうのであった。そして華やかそうな葬儀なのに何故か滲み出る不幸感?はなぜかしら・・・


最後は駆け足ぎみでありましたが(汗)、萩尾先生、長い連載お疲れ様でした。次回作楽しみに待ってます(*´∀`)

 

ココハナ11 月号 王妃マルゴ 第36章

 

今月はカトリーヌ母后の訃報、そして遂に国王の最期の様です。
前回ギーズが亡くなった時はマルゴ大荒れでしたのに、今回は静かです。実の母の死を普通に悲しめないマルゴ。
権力を持つ母の愛情を一身に受けた国王アンリは歪んだ愛情しか示せない。子供の時もマルゴの仔猫を豚小屋に捨てたよね。あの頃は可愛い顔してるから、信じられなかったけど、あの時から変わっていないんだ。
もういい大人だから可哀想とは思わないけど、マルゴは立場上受け身で、自分に絡まった棘が抜けないで心から幸せになれない。それは気の毒。
ギーズの妹と並んでにゃ〜って訴えていたいよね。いや、ギーズの妹の演説のポーズがにゃんこの呪いのポーズに見えたのでw

f:id:missikurage:20191014232401p:plain

ココハナ11月号より

☆☆☆萩尾先生ごめんなさい(^^;お詫びの着色✨

それよりココハナAmazon張り付けできません!なぜ?

ナヴァルのアンリは、カトリーヌの死に乗じて宣戦布告かと思いきや国王と同盟を結ぶ事に。
本心のみえないナヴァルですが、何も考えてないと言うより、何か策があるのかなー?鳴かぬのなら鳴くまで待とうタイプ?
草取りをするジャックを、耳の大きな小僧とひと言ですが、以前王がジャックに会いに行ったのを知っているし、すべてお見通しかもかも?
それとはカンケー無いけど、シャルルがいつも「ぼくだよ、シャルルだよ、アングレーム公だよ」って、名乗るの可愛いい♡同名多いから萩尾先生の気遣いだと思うのですが、良い子なので、ほのぼのします。ジャックは分かってますよwって思っちゃう。

けれど、佳境ですよね。事がおきる時は立て続けて起こるかのように、でもそれは静かにマルゴの予想もしない方向で。
ギーズの死は劇場的な派手さがありましたが、今回の王の暗殺はあっさりしていて、事の大きさとのギャップがあって、萩尾先生の表現の手練れの技に惚れます。
ああ!ジャックはどうなるのでしょうか?
前から狙ってた?手紙を託されたというのは誰かの手引きで?
私怨もあるかもですが、少し謎を感じますね。
どうにかマルゴ共に平穏な幸せを願わずにはいられません(>人<;)

ココハナ 10月号「王妃マルゴ」第35章

Cocohana(ココハナ) 2019年 10 月号 [雑誌]

気がついたら11月号がもうすぐ発売されそうです。
のんびりしすぎたかもしれません (O_O)
連載再開第一回目の表紙は爽やかなグリーン、緑の豆の木のお姫様です。理由は作中にありました。公現祭に豆のパンを焼くのだそうです。パンのケーキの上に白い赤ちゃんが一瞬怖いと思ったのですが、怖いけどそういうのを飾るのがスタンダードだと思ったのですが、画像検索したら王冠の飾り付けだったので…ちょっとホッとしました(^_^;)
さて、遂にギーズの最期です。
マルゴのこと忘れてんだろと思ったけど、最後の最後に思い出してくれました。良かったのぅマルゴ。
悲しみにくれるマルゴ乱心で髪も乱れます。風のせいなのですが、いびつな表現がマルゴの心情を語ってます。
ジャックは自分の出生を知るのですが、やっぱり感激の親子の対面にはならなくて…何でしょうかね、恋多き困った親に振り回されて、苦労多く素直になれない子供との関係見ているようで面白いですね。
ジャックは、この後、詳しそうな方の当確率高そうなネタバレを見てしまったので、私としては余り語ることはできませんが、頑張って、真っ直ぐに生きて、生きていってほしいです。(マルゴよりめっちゃお母ちゃん目線 ^_^ )

そしてギーズに続きカトリーヌ母后も退場です。
アンリ陛下の行き詰りかな…
さあ来月も波乱ですね。楽しみです。

 

 

新装版 斎王夢語

新装版 斎王夢語

新装版 斎王夢語

普段脚本を読むことが無いので戸惑いましたが、萩尾先生らしい言葉選びに先生の漫画を頭に浮かべながら読みました。
数代に渡る斎王の物語なのも、SFが好きな先生らしい時間軸の展開のようだとか思いながら…

斎王とはアマテラスに仕え俗世を離れ、悠々と暮らしていたのかしらと思ってましたが、それぞれそうはゆかない人の世よ(´・_・`)
時に淡い恋だったり、権力の争いに巻き込まれる身内を心配したり、あるいは自分自身も巻き込まれたり…
決して表舞台に出ることは無い立場だから故の辛さを思いました。

そしてアマテラスというと美しい女性を思うのであるが、この作品では男神的に描かれ、斎王に恋人のような母親のような眼差しを持ち、時に荒々しく、やんちゃな青年のようで面白いな〜思ったのですが、最後の付録のイメージイラストだともっと奥深い存在のようで謎も残りました。


ちょっと歴史も勉強してない上に歴史漫画も適当に読んでいたので記憶混乱しているので、これを機に勉強しなくてはと思いました(^_^;)?

flowers7月号「ポーの一族 秘密の花園vol.1」

 月刊flowers(フラワーズ) 2019年 07 月号 [雑誌]

まずKindleで見ましたが、表紙、美しい〜〜(≧∇≦)これだけのためだけでも紙の方も買わねばと思いました。見開きで迫力〜美しいです〜✨
そして絵が、絵が、可愛い感じがしました。アーサーと大人との対比のためかなと思ったり、「秘密の花園」という事で懐かしの名作少女小説っぽい世界観に寄せたのかしら?
なんていうか好きです好きです。
かわゆくて好きです。(^_^)何度も言う。
アランも時代が遡って髪型が真ん中分けでかわゆす(^ ^)
ポーの一族」の登場シーンは馬に乗って颯爽として見えたけど、やっぱ下手なのか?みごとに転げてしまってます。
そしてアーサー!
待って、予告に無く突然の登場に立ち上がりたくなるというものですよ!
だってアーサーとの出会いのお話は、ずっと気になっていたし、40年経ってポーが復活すると聞いて、真っ先にアーサーとの出会い編も期待したものね!
しかし、アーサーが思っていたより大人というか、孤独じゃない。エドガーとのやり取り、楽しいぞ。エドガーも子供服で可愛いな思ったけど、性格は大人、大人たちの会話に対等です。耳年寄り、オモシロイ。そして美しく可愛いので、私はくるくる回転しそうよ。そうね。結構、好みの絵に近くて嬉しいです。アーサーに「鬼の顔を見せてやろう、驚け」ってランプを突きつけられて青い目が白っぽく描かれているのは好きです。アランは相変わらず自由で、人様に助けられてても臭い臭い言ってますしーーほんま自由だね(;^_^ でも眠り姫、耽美ですわ☆彡
先生!有難うございます!!
しかし、アランはお眠りで残念。エド、アーサーの三角関係楽しみにしてたのにな!

さてさてアーサーの過去は、そしてどんな物語が隠されているのかしら?楽しみ、楽しみ!
はー終わったと、一息ついて色々読み返して発見するよ。
続きは2020年の春頃って文面を…(´・_・`)

じゃ、来年…

flowers6月号 「ポーの一族 ユニコーンvol.4 カタコンベ 」

 

月刊flowers(フラワーズ) 2019年 06 月号 [雑誌]

月刊flowers(フラワーズ) 2019年 06 月号 [雑誌]

 

爽やかな冒頭で「一週間」を思い出して頬が緩んだのも一瞬、なんとあのバリー、ネコちゃんのお面つけての登場で、めちゃヤバ味を感じる私なのであった(^^;)
あの白猫マスクはアランみたいな可愛い子供がつけたから可愛いのであって、お前は違う!!ですよね?
そして不気味としかいえない悪趣味な塔とか、怖いです。好きな子にこれ、見せちゃダメ!っていう感覚無いんですもん。怖い。更に閉じ込めてしまうって、やめて~~~~怖いよ~~~

でもバリーがアランを探し出した理由は、気に入った子に、気紛れに趣味で作った地下の塔を見せるためなのでしょうか?「バリー・ツイストが逃げた」ではふらつくアランに親切そうで、火事の中エディスを助けてくれたりとか、いい人っぽくはあるけど・・・なにか他に企んでいそうで不安ですよね。兄の復活のための犠牲とか?もういろいろ悪い方に悪い方に憶測をしてしまいます。
しかし、ある意味、今回はアラン回であった。面白かった。アランがかわいかった。
バリーに友達になってと言われて、優位な表情から一転、嵌められて不安になったり泣きべそかいたり、へそをまげて帰るアラン君なのであった。大変危機的状況だったので、助かるのはわかってはいるけど、私はハラハラドキドキでしたよ。それなのに、エドガーに報告無しなのは、危機感が無いのでしょうか?子供っぽい見栄なのでしょうか?そんなところもアランだよな(^^;)とか納得してしまう。もしかしたら、あのまま放置されバリーのコレクション?にされていたかもしれないよね?バリーに脅迫や催眠かけられたかもしれないよね?
でも、ラストは「一週間」みたいに仲良しエンドだもんな~。ほんと、心配な子だよ。


ここで推測するのですが、いや、推測するとたいてい外れてしまうのですが、まあ、いつも余計なこと言いたいんですよ(笑

そういう推測無しで新鮮な気持で次作を読みたい方は以下青字部分、読み飛ばしてくださいね!(^▽^;<折りたたみ機能がわからんかった。

                                ↓


アランが、バリーの暗示が効かず本当の名前を思い出したのは、アランの謎能力というより、エドガーがアランの暗示を完全か、何割だか解いていたからですよね?
それから、バリーがアランに名前を呼ばれると抵抗できないというのは、真の名前に力を封じる効力があるというのは民話などで有る要素ですが、彼の場合、ユニコーンと言う名前を付けたフォーンが彼の支配者だからな気がするのです?(バリーのツイストはユニコーンのねじねじ角かw)バリーは大老ポーを支配者というけど、本当はね。とそうすると、やっぱこれは最終的に大老ポーとフォーンの因縁対決?あ、わかった、ハンナとの三角関係あり?wwwwwま、そんな推測も楽しいでしょう?ってことで。以上。

 

 


今回は時間の流れに入れ替えると、「バルカロール」、「カタコンベ」、「バリー・ツイストが逃げた」、「私に触れるな」の順ですね。次回はこの流れのどこに入ってくるのかな?解決しちゃうのかな?アラン復活してほしいけど、昔のアランの姿がもっと見たいので、もっと続いて欲しいのですわ。ああ。ポーの物語の時間軸が行き来するのは周知の通り慣れているのですが、こうして物語ごとに世界観がくるくる変わり、手札が少しずつ揃うのを見守る感じ、やっぱり面白いな~と思いました!

 

flowers5月号「ポーの一族 ユニコーンvol.3 バリー・ツイストが逃げた」


待ちに待ったポーの再開ですよ!!

表紙を見れば今回も派手派手なエドさん、アランさん!!で、なんだか楽しそうです。

中も同じ衣装で、予告は並んで歩いているので、舞台からはけていく二人みたいですね(^^)

さてさて内容は、えっ?アイツ?いきなりアイツです。

なんとクロエまで再登場します。ふたりがなぜ?と思いましたが、ふたりはポーなので、顔見知りなのですね。しかも名前は秘密で、呼んではいけないヒトかね?なのかと思いきや、あっさり「バリー」という名前らしい。いや、それも偽名かもしれないけど。

ともかく、久しぶりのエドガーとアランの元気な姿が嬉しい!

しかし、1975年が舞台なのだから当然だが、「エディス」の物語に繋がる展開なので、息が止まりそう。しかも、突然始まるポーの村の過去!

ポーの村の謎は明かされるのかと思ったけど、別の謎が出てきて、萩尾先生は、どこまで考えているのだ?これはそのうち解決されるのかーーー?と、唸ってしまいます。

これ、終わってみないと、いや、終わって欲しくないけど、でも、終わらないと全容が見えないかもしれません(汗

老ハンナは本当にブリトン人なの?バリーの兄は今もポーの村に?バリーの言う秘密の地下とは?大老ポーとフォンスとはどういう知り合いなのだろう?なぜ、フォンスだけ生かして(生きているの?)地下に閉じ込めたの?大老ポーの権限は彼と同等かそれ以上ってことだよね?しかしバリーの兄に対する執着はなんだろうね?ブラコンでいいの?

というわけで、次々謎がでてくるので、タイトル一瞬、ユニコーンじゃなくてスフィンクスじゃないの?とか思っちゃった。たーこいずぶるーからーすふぃんくすのめー♪ ※懐かしいモー様のレコード曲 (*´∀`)

でも、過去の話になるとファンタジー味あって、いいですね。美形、必要ですよね。でも若い子いないなー思ったけど、エドガーのような子供が珍しい設定だから仕方ないよね。

 

さてさて、アランを見ていると、穏やかで可愛い感じ全開で、悲しい話はキライなんていう乙女か!?

ちょっとふらついて、所構わずうとうと寝てしまうの心配なんだけど、エドガーさーん、こんな子を1時間も放っていちゃダメー!!

なんだかもう心配な子。とても繊細さんですよね。

・・・この頃のアランは、どういう状況なんだっけ?もしかしてもしかして、エディスの姉のシャーロッテが亡くなったのを引きずっている頃なのだろうか?

「ランプトンは語る」は1965年

「エディス」は1976年

今回の話は1975年~

そういえば「エディス」って読んだ当時から、エディスと付き合って幸せを願ったり、不幸が迫っている彼女を仲間にする事でシャーロッテへの贖罪をしようという考えが、私にはよくわかりませんでした。

アランよ、エドガーが火をつけたにせよ、彼女が絵を守らなければ助かったはず。だからあれは事故だから。早く忘れて、気を病むことはないよと思いながら読んでしまうのです。まあ、そういう優しい繊細な一面がアランの可愛い所なんですが。

まだまだわたしにはアランのことを理解できてないな・・・。

なんて、またいろいろ、本当にいろいろ考えてて、ふと、あ、そうかと、イマゴロ腑に落ちました・・・(すみません、ほんとに能天気なので今頃気がつきました(-_-;)

エディスはエドガーに似ているから、アランは好きなんだと思い、私はそっちの方に捕らわれていましたが、よくよく考えれば、見ての通りシャーロッテはメリーベルによく似ている!

アランはエディスを見て、エドガーを、メリーベルを意識せざるえないのよね!

リーベルに似ているという事は、最初の婚約者のロゼッティにも、面影なり似ているのに、アランは二人目も三人目も近くに居ながら助けられなかった・・・・

助けられるというのは無理があるなら、失ったというべきか?

「ランプトン・・・」で、アランは自分も危険な火事の現場に彼女の救出に向かったの訳を、ほんとに、今になってよ~く分ったです。

助けれず、あの悲しい表情に、エドの肩に泣くアランを心優しい少年と、当時はときめいたものですが、深く考えが及びませんでした・・・

いうなれば、エディスは四人目の救うべき少女として、彼の前にいたわけですね。

おおもとのロゼッティが生きていたら、自分は幸せだったのに・・・それはアランの永遠の願いなのかもしれないね。

エディスに「きみは幸せ?」と尋ねてたあたり・・・自分への問いかけのよう----ああ、アランって、可哀想な子だなぁ(。><)。。

なんか切ない。

話は変わるが、その「エディス」で、エドガーはエディスを助ける余裕は無かったんだね・・・

私は前の「ユニコーンvol.1」の感想で、エドガーはアラン(炭?)を助けてから、エディスを助けに行ったかと思ってたのですが、実はそんな余裕もなく、バリー(あの場面にいたのか!!!)の目の前で消えたんだね。目を通り抜けた??というべきか?

あのシーン。すこし言葉になりませんが、あのシーンの自分の髪もチリチリ燃える感じ、絶望に近い感じが、今は希望に変わる感じがします。

とりま、ポーの村の秘密も徐々に明かされ、バリーの目的や力も明かされるかな?そしてアラン復活?ああ、早くも次回が次回が楽しみです。でも、時間が経って終わりが来るのが勿体無いとかいう勿体無い病がもくもくでてきて、このまま永遠に続いててもいいのよ?でも、謎は解いてって。でも終わって欲しくない。ぐるぐる。あ、そうだ、「11人いる!」みたいに最後は「スペース・ストリート」エンドでええじゃん?

次回、「ポー・ストリート」連載決定!!!!!w(>▽<)w←ぐぅ。。。おバカ